小公子

 バッグのまつり縫いをひたすらしていたら左手の中指に穴が開いてきたので初めてコップ型の指ぬきを買った。2種類買ったら一つは緩かった。
 なんでも初めて自分の生活に入って来るものってチョッとワクワクする。
指ぬきを使うと確かに針がちくっと来ないのでこれからはたぶんお風呂に入っても指がしみることはもうないだろう。

 ブックオフで色彩論とエッシャーの解説本とカラーコーディネートの本と小公子を買った。全部で二千円。どの本も読みでがあっていい買い物だった。小公子にはチョッとジーンときた。冷静になれば、こんな良い子いるわけないじゃん、と思うのだけれど、それを上手く読ませてしまうのが作者の力量だろう。
 エッシャーの本は、有名な版画の下絵が出ていて、作品の制作過程が分かるのが面白くて興奮する。しばらく楽しめそうな本であります。
 エッシャーがアルハンブラのタイルを何日もスケッチしたと言うエピソードが印象的。イスラムの影響を受けてあの神秘的な世界が出来たのを思うと、世界仲良くと思わずにはいられません。

 ミシンがしばらくズーッと壊れているのを修理に出そうかと悩み、修理するぞと決めてからは、何処に出すかでなやんでいます。
そろそろアクションをおこさなくてはね。