アラフォーって何? 変な言葉

 アラウンドフォーティー 略してアラフォー 四十前後の人の事をひとくくりにしていう言葉らしい。四十路っていえば良いじゃん。アラフォーだって。まず自分では使わないだろう言葉。いかにもマーケティングがらみで作り出された言葉って感じがします。

 新聞には、そろそろキャリアが増してくる四十代、スーツなんかも若向きじゃなくてきちんとしたものをオーダーしたら良いんじゃないの?みたいな記事があって、その脇にはいつもきれいにメイクしているお母さんってステキみたいなエッセイがあって、さりげなく誘導しようっとしてないか??なんて勘ぐっちゃいます。現実の四十代、そんな人少ないと思うんだけどね。

 PTAでの集まり等で同年代前後のお母さん方と接する機会が急に増えましたが、皆さん、実にたくましい。中学生の子供がいる世代だと、上の子供が高校生だったり、教育費がかさむ年代だし、人によっては親の介護があったり、四十路に近づくと皆さんいろいろ背負ってらっしゃる。お洒落もお化粧も脇に置いといて学校に駆けつけるって感じのお母さんもいて、きれいごとでなくて背負っている生活がちらりと見えたりして、それがちっとも嫌ではないのです。
 
 四十代、否応無しにあちこちに自分を分け与えなくてはならない年代だと思います。老人からは若いといわれ、子供からはすねをかじられ、身が細る心地。

 アラフォーなんて軽薄な言葉じゃなくて、もっと私たちにぴったりくる呼び名はないのかしら?