受験生の親はめんどくさい

今日は長男の高校の進路説明会。来年の大学受験にむけての説明でした。
いかに難関大学に通うメリットがあるかを力説されました。
ウチの長男は部活に勉強に一生懸命なので、今更何も変化はないのですが、いよいよだなという感じがしてきました。
高校2年生の三学期は高校三年生の0学期だそうです。

そして、次男はいよいよ年明けには入学試験を迎えるのですが、ぜんぜん勉強しないので、ある意味大物かもしれません。大枚はたいて通わせている塾代がもったいないので、やめろと言ってもそれはイヤだの一点張り。
どうなることやら。

調査書作成願いなる書類を書いたり、願書を取り寄せたり、いろいろめんどくさいです。入試の日程を確認したり、受験料を振り込んだり、これからますますいろいろとしなくてはなりません。全く感謝もされないのに。

次男は普通科に行ったらチャラ男になるのは目に見えているので、工業系に進学する予定です。