左手受難

 先日、白菜を二つに切ろうと思ってざっくりと包丁を動かしたら、なぜか左手の中指を爪の上からざくっと切ってしまった。包丁が爪に食い込んでちょっとだけ血が出ました。アロンアルファをちょいちょいとつけておきました。

 昨日は湯豆腐のネギを刻んでいて、最後の白くてつるっとしているところを二つ割りにしてから刻もうと思ったら、左手の親指の腹をスパッと切ってしまいました。
 包丁を研いだ直後だったので痛みは無く、切断面もきれいだったのでアロンアルファでくっつけておきました。もちろん心臓より上に上げて振りながらレイキをしました。

 さっき絆創膏をはがしてみたらきれいになっていたのでこのままなおるかも知れません。

 どうも近頃包丁さばきが悪いのか、身体の軸がずれているのか、左手が可哀想な事になっているので注意する事にします。