人形世界大会

 夏にアメリカで行われる人形の世界大会に人形を出す事にした。なので何だかバタバタと忙しい。

 アンティークの人形のリプロダクションを昔ながらの絵付け、衣装で仕上げるのだが、ゴールデンウィーク前には完成させて郵送しなくてはならない。まだ顔の絵付けもしていないのだけれど、靴下、靴、下着、衣装をどんどんと仕上げなくてはならない。もともと小さい人形が好きなので、今回はオールビスク以外では一番小さいプチサイズのATにしたのだが、小さくて楽な面もあるけれど、細工が細かいので小さいなりの工夫も必要だ。

 昨日は靴下。今日は靴をつくってから、型紙を切り抜き、下着にレースをつけながら縫った。
どんどん作業を進めなくては。靴下はゆるかったのでキッチリと編み直すつもり。