ブログ時代 イマを鮮烈に感じる。

 最近、雑誌をめったに買わなくなった。広告ばかりで読むところがあまりないから。記事もウソっぽくてなかなかグッと来るものがすくない。

 もっぱら読むのはブログ。プロのブロガーもいるのかもしれないけれど、ブログの本流は、一銭にもならない思いをつらつら書いている一般庶民のつぶやきが読めるところだ。いろんな人の”いま ”を感じる事が出来る。

 そしてコメントやトラックバックで気持ちの共有も出来るし。印刷された媒体よりも相方向のコミュニケーションがとれる。

 本は資料的なものか、よく書かれた小説をじっくり選んで買っている。少々面白いエッセイならサーバーにゴマンとあるのだからプロの文筆家にとっては厳しい時代になる事だろう。

 近頃、トラックバックスパムやコメントスパムが若干あるのが非常に遺憾です。学校でしっかりネチケットを教えるようにするべきでしょう。