ふとんを干す幼稚園児―消してしまった

暴行の件で腹が立って、うっかり昨日の日記に今日の日記を書いてしまった。
息子の可愛いふとん干しの記事を消してしまいました。
レスがチグハグになってしまって申し訳ありません。
あんまり怒らないようにしなくては。

昨日の日記の要約

 一番最後迄寝ていた息子3が、朝起きてくるなり、『おいらふとん干して来たよ』という。
 おねしょもしていないのに、ひさしぶりの梅雨の晴れ間がよほど嬉しかったようだ。

 朝ごはんの時、夫が「昨日作ったてるてる坊主がきいたんじゃないの」といったら、ハッとした顔をしていた。
 みると窓ガラスにてるてる坊主が張り付けてある。息子はてるてる坊主を完全に信じた顔だった。
 夫はこういう事にとても良く気がつくひとだ。

ちなみに今朝は荒れ模様の天気で、見るとてるてる坊主が落っこちていた。台風と戦って死んだらしい。けっこう笑える。