デブ遺伝子

 効率よくウェイトコントロールしたいので、自分の肥満遺伝子をチェックしてみました。口の中をこすった綿棒を送ると、数週間して結果が返ってくるもの。リンゴ型β3AR、洋梨型UCP1、バナナ型β2ARのどれがどう変異しているかチェックしてくれます。

DHCは遺伝子レベルからあなたの健康と美をサポートします【DHC直販】【10%OFFセール】送料無料!DHCの遺伝子検査ダイエット対策キット
 待つこと10日あまり、結果が返ってきました。β3ARは-、UCP1とβ2AR+で、やっぱり予想どおり「洋梨型」でした。
β2AR=バナナ型という遺伝子は逆肥満遺伝子つまり痩せ遺伝子らしいので、洋梨とバナナでプラスマイナス0かと思いきや、女性の場合洋梨遺伝子が優先されるらしいです。しかもバナナ型は一度太ると痩せにくいとか。これがあったから子供の頃は痩せてたんだな。あと3キロ痩せたい。

 洋梨型は脂質の代謝が苦手らしいので、油物をさけた方が良いそうだ。今までてっきり自分の敵は炭水化物だと思ってた。これからはクリームたっぷりのパフェは月一度にします。揚げ物もやめて、さっぱりとした和風タイプの食事に強制変更します。あと3キロやせたい。