バッグ解体

 しばらく前に作ったバッグ。使いやすくて毎日使っていたらシルクの表布が擦り切れて来た。数ヶ月しまい込んでいたのですが、裏布がもう廃番になってしまったお気に入りのプリントなので、面倒だけどほどく事にした。ファスナーも頼んで切ってもらったスライダーの二つ付いたものでまた頼むのがおっくうなので再利用したいので。
 
 糸切りばさみでチョキチョキ縫い目をほどいてゆく。
 びっくりしたのは持ち手にナイロンテープが仕込まれていたこと。自分ではすっかり忘れていた。そのテープ、何処で入手したのかも全く記憶に無い。今使っているバッグの持ち手が若干よれているのは、テープを仕込んでいないからだったとは。
 
 今度は焦げ茶のリネンか帆布の表布でバッグ作ろう。それとも黄緑にしようかな。
紫も気になります。

◇帆布(キャンバス)生地カラー2
厳しい品質基準をクリアしたヨーロッパ製品にだけ与えられる「マスターオブリネン」の称号を得た高品質リトアニアリネン。【0125子年10】【送料無料】こだわりのマスターオブカラーリネン★新色グレープ