庭の手入れ 地植え禁止植物との闘い

 朝から庭の手入れをした。

 まず、花壇にはびこっているオーデコロンミントの地下茎を抜く。抜いても抜いても出てくるので汗びっしょり。どくだみより香りが良いだけましだけど、地植えにしてはいけない植物ナンバースリーに入るだろう。

 次にワイヤープランツ。これもちいさな観葉植物だったのをつい地植えしてしまったのがいけなかった。今ではキャラボクの生け垣に這いのぼって花まで咲かせている。あの細い茎が意外に丈夫でこれも力任せにむしる。これも地植え禁止植物リストに入れておこう。

 これだけでゴミ袋二つ分。

 それから花壇に植えてから調子のでないセリーヌフォレスティエを鉢に移す。
本当は真冬の休眠期にしなくてはならないが、我慢できずにスコップで掘り起こした。多少太い根を切ったけれど根鉢が崩れなかったので、多分大丈夫でしょう。続いてデンティベスも地植えから鉢に。
 この二株、軒下で雨が当たらないのがよろしくないのか、どうも調子が良くない。いつも蛾系の幼虫に葉っぱを綴り合わされてしまっている。やっぱり雨に当たらないとダメなのかな?天敵も少ないみたいだし。

 一日仕事の結果、薔薇が植えてあった半畳程のスペースが更地になりました。このままだと猫のトイレになってしまうのでゴミ袋を置いてカバーしましたが、さてここ、どうしよう??

 レンガをしいてちいさな椅子を置こうか?多肉植物を植えようか?縁台をおこうか?
何か良いアイディアがわかないかなー。
 
 実はこういう悩んでいる状態が一番楽しかったりします。