きょうだい育て

 自分は三人姉妹の長女である。
親は分け隔てなく育てたといっていたが、やはり、扱いにずいぶん差があるなあと思った事はあった。

 翻って自分が三人の子供の親になってみると、公平にしようと思っても、年齢も性格も違う複数の人間を同じように扱うのは難しいなあとつくづく思う。
 せめて、ひとりだけが不満を抱く事がないようにしようと心掛けてはいるのだけれど、本人達がどう思っているかは不明である。

 親の立場からみると、要領の良い子、悪い子、言いたい事を言える子、言えない子、心配な子、そうでない子、本当に一人一人違う。

 そしてまた、要領が良いから可愛いと言うわけでもないし、心配をかけるから可愛くないかと言うとそうとは言えない。親の心も複雑である。

 親になって思う事は、兄弟を同じように扱う事は不可能に近いけれど、どの子もその子どもなりに可愛いと言う事。
どの子が一番可愛いとは絶対に言えない。どの子もかけがえなく可愛いのだ。好きな異性なら、複数のなかからこの人が一番と選ぶ事ができるが、子どもは選べと言われても無理だ。
 こういう種類の愛情は親になるまで絶対にわからなかっただろう。