人形作り

 今日は人形教室で顔を描いた。下まつげを描いては消し、描いては消し、結局家で宿題にする事になった。

 何気なくみて『かわいい~』なんていっていた、アンティークの人形が、いかに素晴らしい技術で作られているのか、今では想像もできない。

 衣装も、家で縫う事にしたのが、先生のお手本をみて、わかったつもりでいるのが、家でいざ縫う段階になると、どうやるんだっけ?と悩む。いかにみているつもりでみていないかがわかる。
 
 「見るのとするのは大違い」―という事がつくづく実感できた一日でした。