ここ一週間

 毎日、人形の人形の靴下を編んでいた。かぎ針で、コマ編みで、中長編みで、底から、つま先から、いろいろ編み方を変えて。それから綴じ針を加工した棒バリでいろいろな目数、編み方でトライアンドエラーを繰り返していた。

 編みながら、この平和に感謝をしていた。
何の役にも立たない人形の靴下を編める幸せ。
子供たちも飢えてもいず、寒さに震えてもいず、登下校中に不審者に気をつけなくてはいけないが、まあまあの環境にいる。 

 日溜まりで編み物をしながら、日が伸びたなとか日射しが随分力強くなったなとか、感じていた。

 庭に出るといつの間にかばらの芽がゆるんで来ている。
春がそろそろと近付いて来ている。

4月には人形教室の生徒展がある。下の子の入学式もある。
美容室に行ってバサバサの髪の毛をなんとかしておかなくては。