中国の宇宙開発

 中国が有人宇宙ロケットの打ち上げに成功した。しかしマスコミの反応は今一つのように感じる。
 多くの日本人が抱いている中国のイメージと、日本が今だ成し得ていない事をするということが一致しないのかもしれない。
 中国に対して、ウーロン茶のCMに見られるような、素朴な労働者の国というイメージ等を抱いている人が多いとおもうが、実際の中国の都市部のエリート等は日本とは比べ物にならないくらい物質的にも情報量でも恵まれていると言えるのかもしれない。
 昨年中国からきた医師と話をする機会があったが、西洋医学もなまび、アメリカにも留学し、今は本国で漢方を学んでいるということだった。何というか向学心というか迫力のある人でした。
 日本人が別に外国人と渡り合う必要はないのかもしれないけれど、良く政治家がいうようなGNPが世界で何番目なんていう数字は全然当てにならないという事は自覚した方がイイと思う。
 大学を卒業してシンガポールで働いていた同級生によると、あちらでは男女平等が徹底していて、バリバリ働けるそうで、英語教育も早くからしているし、小さい国なのでITに相当力をいれているらしい。女コドモに活気があるそうだ。
 今の日本の若い人の生命力や迫力は世界でみたら、下の方なんじゃないだろうか。

 十五年くらい前にスペインにいったが当時のスペインが経済もイマイチで、若いひとの失業も多くぱっとしていなかったが、人々は生活を楽しんでいて、あくせくしていない自分達の暮らしを誇りに思っているようだった。

 日本も経済力でアジアに抜かれてしまったのを認めて、他の事でホコリを取り戻すのがいいと思うのですけれどね。でも誇れるもの、何があるんだろう。
 町並みをオリジナリティ豊かに、美しくして、観光立国すればイイのに。四季の美しさはどこにも負けないとおもうんだけどな。