凄い本を読んだ

朽ちていった命
JCOの臨界事故で亡くなった大内久さんの被爆治療83日間の記録です。
この本読んで、ホントに、言葉が出ませんでした。
病院に運ばれた直後は普通に会話も出来ていたのに、日を追うごとに状態が悪化する。大内さんご本人の辛さ、ご家族の辛さ、そして治療に当たったスタッフの辛さ。
放射線の恐ろしさがじわじわと伝わる本です。

枝野が連発した、『直ちに健康に影響はありません』のまさに直ちに影響があった場合の記録ですが、半端ないです。こんな事が広範囲におきてしまったら一体どうなってしまうのか、想像もできません。

本の中で、司法解剖をしたお医者さんが、大内さんの訴えとして、「放射線が目に見えない、匂いも無い、普段、多くの人が危険だとは実感していないことです。そういうもののために自分はこんなになっちゃったよ、なんでこんなに変わらなければならないの、若いのになぜしんでいかなければならないの、みんなにかんがえてほしいよ」と代弁している部分があります。
 
大内久さんのことを忘れてはならないとつよく思いました。