卒業式、そして地震 (記入は20日)

今日は長男の中学の卒業式。

 先生と生徒の関係もとても良く、生徒が自主的に「仰げば尊し」を歌い、来賓ビックリ、生徒も先生も大泣き。長男は生徒代表で挨拶したのだが、途中何度も鼻をすすり、声を詰まらせたので、大勢のお母さんから「息子さんにはやられました」と声をかけられる始末。

お寿司を買って帰り、みんなでお昼。試験で半ドンの娘も帰宅してのんびりしていた。

長男君二時頃、サイゼリヤに行くと出かけて行った。
次男はお昼を食べてから、卒業式の後片付けに再び中学へ。

しばらくしてあの地震。家には私と娘と母と夫。

私は金魚の水槽を押さえ、娘は鳥かご、母は食器棚。夫は二階でテレビを押さえていたらしい。

DVDを収納していた棚が倒れて散乱し、棚本体も壊れたらしいが、夫は職場である区役所へ即座に出勤してしまった。いつもならお昼から飲んでるのに、偶然飲んでなかった。不思議と言えば不思議。

次男は三時過ぎに帰って来たのだが、待てど暮らせど長男が帰ってこない。

 場所柄、アリオ蘇我に行った可能性もあるのだが、市原のガスタンクの爆発、我が家まで爆音と爆風と雲に反射する炎が見えているので心配で心配で。

 五時過ぎに徒歩でサイゼリヤに行ってみたがもぬけの殻で、ナスすべもなく家で待っていたら、六時過ぎに長男ケロッと帰宅。大網街道は超渋滞。

 アリオが窓ガラスが割れてしまってて、プリクラが取れなかったので千葉まで行っていたそうな。脱力。やっぱりまだ中坊だよ。どれだけ心配したと思っているのか。

 テレビ見て「こんなひどい事になっていたとは」と顔面蒼白になってはいましたが。

 間もなくフェイスブックで世界中のお友達が心配してメールくれたよ。ありがとう。

 うまれて始めて地震酔いしました。