知る人ぞ知るラーメンや?

 水曜夜から旅行に行っていました。先刻戻りました。

 裏磐梯のロイヤルホテルというところに泊まってお風呂に入ったり、五色沼で家族がボートをこぐのを眺めたりしました。露天風呂は気持ちよかったです。屋外で素っ裸で仁王立ちするのは開放感があって実にすかっとします。

 帰り道にはあぶくま洞に寄り、閉所恐怖でパニックになりかけつつ無事生還。あぶくま洞が発見されたのが昭和44年だという事にびっくり。もっと昔からあったのかと思っていました。

 リカちゃんキャッスルに寄り、そこで紹介してもらったラーメン屋が凄かったです。リカちゃんキャッスルは表から見ると城だけど、裏はただの工場。
 工場ではピンクの作業着の従業員さん数名が黙々とリカちゃんを作っていました。

 リカちゃんキャッスルのお姉さんに『おいしいラーメンやある?』と聞いたところ『仙台屋さんが大きくて有名です』というので店が大きいのかと思い、言ってみると、こじんまりとしたおそば屋さんみたいなお店。
 
 メニューはラーメンとラーメン大盛りのみ。夫がラーメン五つというとお店のおばちゃんが怪訝な顔をしたそうです。

 ラーメンが運ばれて来てビックリ。ふちまで並々とスープ。麺もたっぷり入っている。
多分普通のラーメンの1・5倍から2倍はあると思う。大きくて有名なのはラーメンでしたあ!

 麺はつるつるした弾力のある麺で美味でした。スープはさっぱり。中華そばって感じ。
しかし量が多い。(涙)男子二人は撃沈。娘と私たち夫婦はなんとか食べたけど、盛りが普通ならもっと美味しかったのに・・・。どうも負けた感が拭えなかったです。

 ちなみに私が大好きな発酵食品の先生の小泉武夫さんの実家がはす向かいにあるそうで、小泉武夫さんも小さい時はここのラーメンをしょっちゅう食べていたそうです。

 柏で高速をおりてから全然車が進まず、家に着くまでにすっかり疲れてしまいました。夕食も全然食べる気しません。

夏の旅行はこれでおしまいです。