シンプル、ヘルシー、エコ。年金なんてアテにしません宣言。

 年金問題のニュースを見聞きすると暗澹たる気持ちになる。
昭和四十年代生まれの自分、別に政府を信じていた訳ではないけれど。
社会保険庁が今までやりたい放題していたのは感じていたが、もはやココまでとは。絶句。
 
 もう年金は当てにしない事にする。今から日常を縮小していって現金収入がほとんどなくても暮らせるように生活を設計しなくては。

 屋根のある清潔な家に住めて、お湯のお風呂に入れて、乾いて清潔な布団に眠れて、一日三食食べられればよしとします。←三食は贅沢か?

 でもこういうのはいや。貧乏臭い、年寄り臭い、みじめっぽい。

 シンプルに、エコに、ヘルシーに暮らせるようにします。 

 日本で自給できる食物だけで暮らさなくてはならないかもしれないから粗食メニューも研究しなくては。

 歩いて通える場所に畑も確保しないとダメだな。