一日一作業

 昔、出版社でバイトしていたとき編集の人が、『毎日一行書き続ければ本が出せます』といっていた。毎日一行、言葉にすると簡単だけれど、実行するとなると大変だ。
 
 人形作家をめざしている私としては、毎日一作業を自分に課する事にした。午前中はパート、午後は家の事をしていると、一日アッという間に経ってしまう。夜は寝ようと思えば瞬時に夢の中。

 毎日とりあえず人形に触って何か作業をする事にした。
 
 ここ数日はチビ人形の靴。1センチ程の足に履かせる靴なので細かい作業が多く、なかなか思ったように仕上がらない。何度か作り直してようやく完成。薄い偽スエードで最初作業をしていたが、本物の革に変えてから出口が見えた。やっぱり天然の材料は良い。

 アセッてたまにドバッと作業をするより、日課としてコツコツすることが大事なんだと言う事が良くわかります。

 今日はこれから人形教室です。