ホームカミングデイ

 母校のホームカミングに招待されて行ってきました。
幕張の神田外語大学です。

 学長の「真の国際人とは」という講演のあと、立食パーティーと学科に別れてのお茶。
 懐かしい先生方にお目にかかれて、アッという間に時間が経ってしまいました。
 A・ブラーボ先生がしんみりと、『学生と自分の年齢が年々開いてきてしまった』なんて話をして当時は先生も若かったのだと気付いたり。「お父さんはどうしてる?」と聞かれて「亡くなりました」というと、ホームセンターでバッタリ会ってお茶に招かれた話などでて、父がなくなってからももう6年も経つのかとまたまた驚いたり。
 可愛がっていた後輩達にも会えて嬉しい限り。
ぼく、だんごむし
 だんごむし研究の第一人者の寺田美奈子先生ともお話して、『一期生とは戦友みたいね~』なんてお話ができて。
 古典の池田先生とも色々とお話が出来ました。

 今上智大学で哲学を教えてらっしゃる樋笠勝士先生ともばったりお会いできてヨカッタ~。相変わらず年齢不詳。カッコイイ。

 神田外語、当時はホントないない尽くしで、先生と生徒が学食で一緒にご飯食べたりたのしかったなあ。一期生はフロンティアスピリットがあって本当にみんな顔見知りでアッという間の四年間でした。

 やっと生活にゆとりも出来てきたし、そろそろ母校に恩返しが出来るかなあと思うので同窓会の雑務でもしようかな?