懇談会

 今日は小学校の懇談会。昨日は高学年、今日は低学年だったのですが、夫が熱を出して寝ていたため、昨日は出席せず、下の2人の分だけ顔を出して来ました。
 毎回思う事ですけど、参加する人っていつも限られている。来ない人は全く顔を見せません。子どもの事は学校に全てお任せとおもっているのでしょうか?

 たまに学校に行って、子どもや先生の様子を見ると、今の教育の問題点もよ~く見えるのに、勿体ない。
 
 今の学校、先生が教える事以外の仕事を抱え過ぎていると思います。
 戦後、子どもがいっぱいいて一学年にたくさん先生がいたときは、A先生は委員会、B先生は教材作り、C先生は子どもの相談を聞いてやる・・・。みたいに役割を分担する事が出来ていたように思うのです。それが今では、各学年に先生は2、3人。若い先生はほとんどいない。
 学校現場が少子化についていっていない気がします。

 先生で無くても出来る仕事をどんどんパート職員にでもしてもらって、先生には授業に専念できる体制にしてもらいたいです。