薔薇の剪定、七草がゆ

 今日は薔薇の剪定。日焼け止めのファンデを塗って、ドカジャンを着て、ニットの帽子をかぶって、完全装備で朝から庭でちょきちょき。
 今年はばっさりと切る年にしようと思うので思いきって切って行く。

 庭でしゃがみ込んでいると、何やらリフォームの営業みたいな人が来た。すごい格好の私がこの家の何ものか判らないみたいで、『娘さん?奥さん?』と恐る恐る聞いて来た。息子さん?て言われなくて良かった。

 聞くと屋根のアンテナを三千円ではずしてくれると言う。そして屋根を塗りませんか?と来た。
 実は我家の屋根はひどい事になっていて、夫が自分で塗るつもりでサンダーを買っては見たものの、夏、暑すぎ。秋、まだ結構暑い。晩秋、天気悪い。冬寒いということで、作業が、延び延びになっていた。
 夫は自分ではきっといつまでも塗らないだろうと観念して、十三万で塗ってもらう事にした。
これが高いのか安いのか判らないと言ってしばらくグズグズ行っていたが、リフォームやのチラシなどもみて、まあまあだろうというところに落ち着いた。

 昼は夫が蕎麦をゆでてくれて、色々トッピングを用意して五目たぬき蕎麦。

 生協さんが一日おくれたので、夜はまたまた不人気なの判っていたけど七草がゆ。
 思っていた通り、皆嫌がっているけれど、こんな事でも無ければ一生食べないと思うので無理やり七草がゆ。
きっと明日朝、皆空腹で早起きするに違いない。