洗濯物の不思議

 いっつも不思議に思うのだが、洗濯物って干す気がないと乾かない。
 洗濯物を干す時、うっかり落としてしまった靴下は、翌日見つけると、じっとりと湿っている。物干に干された方はカラッと乾いているのに。
 物干に干す時、ちょっとギューヅメにしてしまったか?なんて思いながらほすとそこもまた湿っている。

 洗濯した物は、こちら側に『乾いてもらいます!』という意志の力がないとちゃんと乾かないのだ。

 洗濯機をまわした事さえ忘れて、洗濯槽のかたちに乾いてしまった洗濯物も過去には一回ほどあったが、あれは例外中の例外で、何か悪魔的な力が作用したみたいだ。

 夫はいつも篭いっぱいの洗濯物をあっという間に、ぴんっと干してしまう。あれにはいつも感心する。その才能は私にこそ必要なのに。
 私は最新の注意を払ったつもりでも夫のワイシャツの袖が裏返ったままになったりして干してしまう。

 乾燥して畳む本当の全自動洗濯機が欲しい。
そんなもの開発するくらいなら、洗濯してくれる人を雇った方がいいかも。雇用も拡大するし。